Home(速読ってどうよ!)>1.トレーニング(速読の選び方)>トレーニング時間の確保!

1.トレーニング
2.知識
3.体験談
4.コラム
5.相互リンク集
6.速読ってどうよ!について
トレーニング時間の確保!

 トレーニング時間を、あなたは、どのように確保できますか。
 @毎日少しずつトレーニングする
 Aある期間内なら、何時間でも可能な限りトレーニングする
 など。

 教室での講座では、速読の修得コースが用意されているところが多いです。短期集中コースや長期コースなどがあります。

 通信教育や教材による独学であっても、その速読法独自のカリキュラムがあるところもあります。

 トレーニングの効果と訓練時間の関係は、短期間集中がよいというのが、SRR速読教室や安藤式セミナー速読。長期間継続がよいというのは、BTRメソッドです。
 トレーニングの時間配分も、速読法によって違いがあります。

速読教室 通信 教材 教室 独学
日本速読セミナー
(安藤式セミナー速読)
@65時間
A30時間コースもあり

160時間
1日2時間 80日
SRR速読教室
(寺田式SRR速読)
@2.5日
A6日間
1日 1時間以上
SP速読学院
(橘式SP速読)
1回 1時間30分
5〜50回

クリエイト速読スクール
(松田式BTRメソッド)
1回 1時間30分
25〜80回
1回 1時間30分
1週間に1〜3回で合計30回行う
新日本速読研究会
(川村式ジョイント速読)
@1回 1時間
A集中コース 1日7時間を3日間
NBS日本速読教育連盟
(佐々木式科学的速読)
@集中セミナー1日8時間
A1回 3時間
SRS速読法
(栗田式速読法)
@5回講習 AM9:00~PM7:30
A一泊 AM9:00~PM11:00

 だいたい、1日1時間ていどのトレーニングをするようになっています。

 教室に通う場合は、カリキュラムが決まっていますので、その中からあなたに合うコースを選べばいいでしょう。

 通信教育や教材を使用する独学では、自分で時間配分を考えないといけません。
 BTRメソッドでは継続の重要性を強調しています。
 独学では、継続できることがもっとも大切です。

 何日か休みをとれるなら、教室での集中レッスン。毎日(または1週間に2,3回)何時間かトレーニングするという方は、教材・通信教育。

 ⇒速読の目的と適した速さ!
サイトナビ
Home(速読ってどうよ!)>
1.トレーニング(速読の選び方
  1. 速読の理論を調べる!
  2. 速読の学習形態!
  3. トレーニング時間の確保!≪現在
  4. 速読の目的と適した速さ!
  5. わたしは速読をこう選ぶ!
姉妹サイト他

催眠を知りマーフィーの法則を活かせ!  直江の恋愛心理学講座
口下手・無口・内気・内向的な人の上手な人間関係

ゲルマニュウム/ゲルマニウムってどうよ!  こむら返り原因と予防  肩こり原因と解消
ゲルマニウム温浴を自宅で  プチシルマで肩こり解消か

(C) 速読ってどうよ!