Home(速読ってどうよ!)>2.知識(速読のこと教えて!)>6.右脳速読、左脳速読

1.トレーニング
2.知識
3.体験談
4.コラム
5.相互リンク集
6.速読ってどうよ!について
右脳速読、左脳速読

 速読は、右脳を活用します。
 脳波計で計測した結果、普通の読書は、左脳の言語中枢を使用していることが分かっています。
 ところが、速読で読書を行うと、右脳が活発に働くようになります。

 左脳速読という言葉を聞いたことがあると思います。
 最初に「左脳速読」という言葉を使用したのは、ジョイント式速読法の川村明宏氏です。

 左脳速読とは、どんな速読かといいますと。
 普段の読書のスピードをアップさせただけのものです。普段の読書は、左脳の言語中枢を使って文字を読みます。脳のどの部分を使って読んでいるかによって、左脳速読といったり右脳速読といったりします。

 普段の読み方(左脳読み)で、効率を高めると理論上、1分間に 5000文字(およそ10倍の速さ) で読めると考えられています。
 また、ジョイント式速読では、2万文字 まで読めると主張しています。

 これより速く読める場合、右脳速読といいます。
 なので、本当の速読は「右脳速読」のことだ、という方もおられます。
サイトナビ
Home(速読ってどうよ!)>
2.知識(速読のこと教えて!
  1. 速読はだれでも修得できるの?
  2. 速読の歴史
  3. 拾い読み・斜め読み
  4. 一度覚えたら一生大丈夫なの?
  5. 「ためしてガッテン」「世界バリバリバリュー」の速読は?
  6. 右脳速読、左脳速読≪現在
  7. 速読トレーニングはどんなことするの?
  8. 視力が回復するってホント?
  9. 1分で1冊読めるの?
  10. 記憶術ではないの?
姉妹サイト他

催眠を知りマーフィーの法則を活かせ!  直江の恋愛心理学講座
口下手・無口・内気・内向的な人の上手な人間関係

ゲルマニュウム/ゲルマニウムってどうよ!  こむら返り原因と予防  肩こり原因と解消
ゲルマニウム温浴を自宅で  プチシルマで肩こり解消か

(C) 速読ってどうよ!