Home(速読ってどうよ!)>2.知識(いろいろな速読の特徴)>新日本速読研究会(ジョイント式)

1.トレーニング
2.知識
3.体験談
4.コラム
5.相互リンク集
6.速読ってどうよ!について
新日本速読研究会(ジョイント式)

■速読名 ジョイント式速読(左脳速読)
■代表者 川村明宏
■開発時期 1985年
■教材 ジョイント式ハイパー速読術
■参考資料 
 Book 決定版!! 速読トレーニング
 ゲーム もっと目で右脳を鍛えるDS速読術
 Webサイト http://www.imjapan.co.jp/
        http://www.unou-jp.com/

■実績(PR)
 はやい人なら15分、おそい人でも数日で3〜5倍のスピードになります。
 3倍までなら、簡単に達成できます。訓練時間は、最大で半日。
 5000〜1万文字/分なら、90%以上の人が可能です。
 日米120万人が受講したことがあります。

■達成目標
 2倍以上。

■理論・トレーニング概要
 丹田呼吸法は必要ない!
 いきなり右脳を使った速読の修得は、ほとんどの人は不可能!
 など。など。
 他の速読の理論やトレーニングを、ばっさり斬って捨てる、説明が痛快です。

 「視る」という能力を訓練で活性化させることで、潜在能力を高めていきます。
 一定のパターンを繰り返すことで、脳に新しい回路ができてきます。それがすなわち、速読ができるということです。

 以下、代表的なトレーニングです。
 @ページめくり訓練
 A眼筋力トレーニング
 B視幅拡大トレーニング
 C2点読みトレーニング
 Dブロック読みトレーニング

 ジョイント式の特徴としては、@ページめくり訓練でみられるように、文字を見る速度を、高速で体験することで、その速度を脳に慣れさせるという点です。
 高速と中速(普通より速い)を繰り返すことで、自分の能力をより高速に対応できるように慣れさせていくわけです。

 そして、もう一つの特徴は、繰り返し行うことで、習慣化してしまうねらいもあります。習慣化とは、すなわち、脳の中に新しい回路ができあがるということです。

■感想
 簡単な訓練で、
 すぐに、
 誰でも、できる速読法をうたい文句にしています。
 定着率はどうか分かりませんが、確かに2倍程度ならすぐに達成できます。わたしがそうでしたから。

 リラックスして、訓練することを強調しています。集中しすぎは、かえってマイナスなのだそうです。

■教材 ジョイント式ハイパー速読術
サイトナビ
Home(速読ってどうよ!)>
2.知識(いろいろな速読の特徴
  1. 新日本速読研究会(ジョイント式)≪現在
  2. SRR速読教室
  3. NBS日本速読教育連盟
  4. クリエイト速読スクール
  5. 日本速読セミナー
  6. SRS速読法(栗田式)
  7. 日本速読協会
  8. 七田式右脳速読
  9. フォトリーディング
  10. SP速読学院
姉妹サイト他

催眠を知りマーフィーの法則を活かせ!  直江の恋愛心理学講座
口下手・無口・内気・内向的な人の上手な人間関係

ゲルマニュウム/ゲルマニウムってどうよ!  こむら返り原因と予防  肩こり原因と解消
ゲルマニウム温浴を自宅で  プチシルマで肩こり解消か

(C) 速読ってどうよ!