Home(速読ってどうよ!)>2.知識(いろいろな速読の特徴)>NBS日本速読教育連盟

1.トレーニング
2.知識
3.体験談
4.コラム
5.相互リンク集
6.速読ってどうよ!について
NBS日本速読教育連盟

■速読名 速読脳開発プログラム(旧 科学的速読法)
■代表者 佐々木豊文
■開発時期 1985年
※「科学的速読法」の訓練方法は、1976年に、ソウル大学校教育研究所で研究していた朴(パク)氏により確立されています。
■参考資料 
 Book  「絶妙な速読の技術」 佐々木豊文 著
      「速読の科学」 佐々木豊文 著
 Webサイト NBS日本速読教育連盟

■実績(PR)
 『速読眼』を修得することを「テイクオフ」といいます。だれでも、3日間の訓練で、8000文字/分のテイクオフを実現します。
 10万文字/分以上の読める生徒も誕生しています。

■達成目標
 1万〜10万文字/分

■理論・トレーニング概要
 一文字一文字、しっかり文字を認識することを重要視しています。

 理解は右脳で行います。これは、速読用の神経回路を脳の中に作ることで『速読脳』といいます。『速読脳』は、読書回路を小さくコンパクトにすることでもあり、そうすると読書速度が上がっていきます。

 百数十段階の訓練ステップがあります。
 読書姿勢や、集中力にも気を配った訓練を行っています。

■感想
 信頼できる速読法だと思います。教室での訓練を受ければ、それなりに達成感を得られるのではないでしょうか。
 「ためしてガッテン」や「世界バリバリバリュー」などのTV番組でも取り上げられたそうです。わたしは、残念ながら見ていません。再放送に期待してます。観たいです。
サイトナビ
Home(速読ってどうよ!)>
2.知識(いろいろな速読の特徴
  1. 新日本速読研究会(ジョイント式)
  2. SRR速読教室
  3. NBS日本速読教育連盟≪現在
  4. クリエイト速読スクール
  5. 日本速読セミナー
  6. SRS速読法(栗田式)
  7. 日本速読協会
  8. 七田式右脳速読
  9. フォトリーディング
  10. SP速読学院
姉妹サイト他

催眠を知りマーフィーの法則を活かせ!  直江の恋愛心理学講座
口下手・無口・内気・内向的な人の上手な人間関係

ゲルマニュウム/ゲルマニウムってどうよ!  こむら返り原因と予防  肩こり原因と解消
ゲルマニウム温浴を自宅で  プチシルマで肩こり解消か

(C) 速読ってどうよ!