Home(速読ってどうよ!)>2.知識(いろいろな速読の特徴)>フォトリーディング

1.トレーニング
2.知識
3.体験談
4.コラム
5.相互リンク集
6.速読ってどうよ!について
フォトリーディング

■速読名 フォトリーディング
■代表者 ポール・R・シーリィ
■開発時期 ---- 年
■参考資料 
 Book  「あなたもいままでの10倍速く本が読める」 ポール・R・シーリィ著 神田昌典 監訳
 Webサイト http://www.photoreading-japan.com/photo/index.html

■実績(PR)
@どんな本でも、3〜5分で、その要約を把握することができる
A多くの本から、10〜15分以内に、その中心的なアイディアを抽出することができる。
B通常の読書に比較して、3分の1から、10分の1の時間で、読書を完了することができる。
C全世界で20万人以上が学んでいる。

■達成目標
 ????

■理論・トレーニング概要
 フォトリーディングとは、『ズバリ写真を撮るように、毎秒約1頁のスピードで、本を読んでいく手法』です。

 『フォトリーディングは、大脳生理学、認知心理学、神経言語プログラミング、そして加速学習(アクセレラティブ・ラーニング)の最先端の知識をベースに開発された、情報処理のスピードを高める技術』です。

 右脳はたくさんの情報を処理することができます。その性質を利用し、脳全体を使います。
 @潜在意識(右脳)で情報を吸収し蓄積する
 A顕在意識(左脳)に引き出して理解する

■感想
 一般的な意味での速読とは違います。
 本を読むときは、「読む」というより「視る」のです。「視た」ものが潜在意識に蓄えられ、それを顕在意識が自由に引きだして使う、というものだからです。

 七田式もそうですが、なかなか信じがたい手法です。
 できる人がいるのだから、否定はしませんが、一般人が簡単に身につけられるとは思えません。
サイトナビ
Home(速読ってどうよ!)>
2.知識(いろいろな速読の特徴
  1. 新日本速読研究会(ジョイント式)
  2. SRR速読教室
  3. NBS日本速読教育連盟
  4. クリエイト速読スクール
  5. 日本速読セミナー
  6. SRS速読法(栗田式)
  7. 日本速読協会
  8. 七田式右脳速読
  9. フォトリーディング≪現在
  10. SP速読学院
姉妹サイト他

催眠を知りマーフィーの法則を活かせ!  直江の恋愛心理学講座
口下手・無口・内気・内向的な人の上手な人間関係

ゲルマニュウム/ゲルマニウムってどうよ!  こむら返り原因と予防  肩こり原因と解消
ゲルマニウム温浴を自宅で  プチシルマで肩こり解消か

(C) 速読ってどうよ!