Home(速読ってどうよ!)>3.体験談(速読7日間体験記)>2.日本速読セミナー

1.トレーニング
2.知識
3.体験談
4.コラム
5.相互リンク集
6.速読ってどうよ!について
日本速読セミナー
- セミナー速読法 -

■トレーニングブック 「図解でよくわかるだれでも10倍速読が身につく法」 安藤 栄 著
■トレーニングの目標 10倍


【トレーニングの結果】
1日目(初回) 851文字/分
          ↓
7日目(終了) 972文字/分

 すこし速くなっているが、120文字程度なので、誤差の範囲です。トレーニング期間が短いので、伸びなくても当たり前だと思っています。

【トレーニング項目】
第1段階
 @集中力をつけるトレーニング(1.丹田呼吸法 /2. 焦点固定法 / 3.焦点移動法)
 A一目でみる文字数を増やすトレーニング(1.視幅拡大トレーニング)
 B視点移動トレーニング(1.2点移動式トレーニング縦・横 / 2.多点移動式トレーニング横・縦)
 C視線のスムーズな移動促進と眼の疲労回復も(1.視線円移動トレーニング)
 Dならし読み

第2段階
 @記号トレーニング(ステップ1 / ステップ2 / ステップ3)
 A文字トレーニング(ステップ1 / ステップ2 / ステップ3)
 B図形知覚トレーニング
 C脳機能活性化トレーニング(数字さがしなど)

第3段階
 @理解力トレーニング

【トレーニングの総括】
 7日間で、総トレーニング時間205分間。1日平均約30分間です。

 トレーニングの量が多いので、全体のトレーニングを確認することから始めました。その後は、第1段階@から、第2段階@記号トレーニングのステップ1までを繰り返して練習しました。その次のステップ2へは、ステップ1がある程度のレベルに達してから進むようになっていたためです。

 一つ一つステップをふんで、レベルが上がったら次のステップという感じでトレーニングしていきます。こういう形式は好きなので、結構やりやすかったです。

【丹田(たんでん)呼吸法】
 NBS式でも経験していましたので、多少はなれてきています。しかし、この呼吸法は苦手です。こんなに長く息を吸ったりはいたりするのがつらいです。

【焦点固定法】
 意外と簡単にできました。「もやあ〜としたものが見えてきます」と解説がありましたが、見えるのかね、本当に。と思っていましたが、見えました。なんか、よくわかんないけど嬉しいです。

【視幅拡大トレーニング】
 多くなるにつけ、両端がぼやけてしまいます。これでいいのだろうか。
【図形知覚トレーニング】
 1回目では、何も書く事が出来なかったです。わたしはバカだったのか(ガ〜ン)。

【数字さがし】
 1回目は58秒でした。意外とできないものだな〜。

【@記号トレーニング-ステップ1】
 はやくみようとすると、なでるようになってしまいます。1行を3目でみないといけないのだが。

【評価】★★★
 ステップ形式は好ましいです。
 トレーニング時間は、65時間です。短期では、毎日1〜6時間。長期では、2,3日間をあけながら、一回2〜3時間。独学では80日間、毎日2時間のトレーニングが必要です。一日のトレーニング時間が長いと感じるの私だけでしょうか。

 教室でのトレーニングが、一番良さそうです。本では難しいと思います。
サイトナビ
Home(速読ってどうよ!)>
3.体験談(速読7日間体験記
  1. NBS日本速読教育連盟
  2. 日本速読セミナー≪現在
  3. 日本速読教会(スーパー速読)
  4. クリエイト速読スクール(BTRメソッド)
  5. SRR速読教室
  6. 新日本速読研究会(ジョイント式速読)
姉妹サイト他

催眠を知りマーフィーの法則を活かせ!  直江の恋愛心理学講座
口下手・無口・内気・内向的な人の上手な人間関係

ゲルマニュウム/ゲルマニウムってどうよ!  こむら返り原因と予防  肩こり原因と解消
ゲルマニウム温浴を自宅で  プチシルマで肩こり解消か

(C) 速読ってどうよ!